ハタ乳酸菌のさらなる力!!〈腸・不思議読本vol13〉

腸・不思議読本カバー腸・不思議読本

ユースマインドがお客様にお配りしている小冊子「腸・不思議読本」。
腸のヒミツとハタ乳酸菌のチカラについて分かり易く説明している小冊子の内容を、全15回に分けてホームページでご紹介します。

神秘にて究極!! 人間の腸だけじゃない、未来を先取りしたハタ乳酸菌のさらなるチカラをご紹介します。
 

歯周病菌と戦う菌として歯科医が治験!!

ハタ乳酸菌は、粘膜に付着しやすい性質を持ち合わせています。つまり他の乳酸菌では歯周ポケットから流れていってしまいますが、ハタ乳酸菌は歯周ポケット内に定着し、長期に渡る効果を得やすいという特性があります。

そして乳酸菌自身が代謝する物質(抗生剤)で歯周病細菌を殺すという機能と歯周組織に悪影響を及ぼす内毒素を無毒化する機能を持っているのが特徴です。

実際の臨床データでは、歯周病の患者様には歯周ポケット内に注入し、入れ歯の患者様には残りの歯が悪くならないように乳酸菌を入れ歯にふりかけたりしてみました。

すると本当に口腔内状態が改善し、また口臭も少なくなり驚きました。
そしてこの乳酸菌の治療法をもっと多くの患者様に知ってもらいたいと思い数多くの治験を行っています。

 

人間だけじゃない!動物・植物も元気に

ハタ乳酸菌を動物に与えたところ、成長を促し、下痢などの症状が改善され元気を取り戻したり、毛艶が良くなって動物臭が軽減されるなどの効果が認められています。

また、植物に撒布すると成長が早くなり、病害の発生を抑制し、高品質の作物が収穫できたなどの効果も明らかにされています。

■動物・植物へのハタ乳酸菌投与テストの一例(特許明細より抜粋)
豚、鶏などの飼育に抗生物質を投与することなく高い歩留りを確保しえた。さらには飼料効率がよく成長の促進(20%〜25%増)と肉質の向上に多大に寄与しえた。のみならず糞尿の臭気低下など飼育環境の改善も同時に実現できた。また植物(農作物―例えばイチゴ、ホーレン草、キュウリ、香味野菜、ハーブ)に撒布、成長が早<、収穫量が増え味、香り、食感何れをとっても高品質の作物が収穫出来た。さらにはべ卜病などによる病害の発生を抑制し、既に発生してしまっている農作物に撒布すれば進行は押さえられそれなりの収穫は確保しえる事も明らかになった。 【特許第4193330号より抜粋】

 

ナリネ菌の約5倍の免疫力

乳酸菌の”King of Kings” ハタ乳酸菌

乳酸菌「ナリネ菌」とは、ロシアでチェルノブイリ原発の被爆者の治療に使われた乳酸菌で、世界各国の医療機人に認められています。

「ナリネ菌」のすごいところは、老廃物質や化学物質を体外に排出するだけでなく、体内でインターフェロンをつくりだし免疫機能を強化します。

また「ナリネ菌」は、抗菌効果もカスピ海ヨーグルトやケフィールより1.5倍から3倍強いといわれています。

ハタ乳酸菌は、近畿大学医学部・三重大学医学部との共同研究においてナリネ菌の約5倍の免疫力増強効果があるというデータが得られました。

 

一生あなたの守り神として働いてくれるハタ乳酸菌!!

腸内フローラには個性があり、その人固有のラクトバチルスが腸内にいます。その数と種類は人それぞれで、指紋が違うのと同じです。

ハタ乳酸菌は、一度摂取して腸内フローラの仲間になれば、一生あなたの常在菌として住み続けてくれて、あなたの健康を強力にサポートします!!

ハタ乳酸菌はエビデンスも豊富です。次回は、ハタ乳酸菌が積み重ねてきた調査・研究実績をご紹介します。