甘酒キャロットりんごラペ


 

キャロットラペが好きだ。

まず、名前が好きだ。次に、色合いが好きだ。
そして、何よりもその美味しさが大好きだ。
 

フレンチでもイタリアンでも、気軽なカフェでも、
どこにでもわりと存在するキャロットラペ。

お店によって、人参の細切り具合も、ドレッシングの酸味も、混ぜてある具材もまるで違う。
レーズン入りあり、くるみ入りあり、隠し味にオレンジジュースなんてレシピもあった。

サンドイッチにぎっしり挟まれているのもとても美味しい。
そんなレシピも自在なキャロットラペ。

スーパーのオレンジ色に目を奪われた瞬間、私好みの味を作ろうと、思い立つ。
 

昔、人参リンゴジュースにはまっていたことがある。
ならば、りんごと人参をを和えてみようと思いつく。

砂糖よりもまろやかな甘さがいいな。と、自家製甘酒とはちみつをまぜる。
酢は、フルーティーな風味が欲しいな。と、国産のぶどう酢。
オリーブオイルの美味しさは要だから、クレタ島の有機オリーブオイルをまわし入れ、マスタードはなかったので、からしをすこし。

にんじん、りんごは好きなだけ、ひたすら無心に千切りにする。
割合の目安は甘酒1、ぶどう酢1、はちみつ0.5

からしほんの少し、オリーブオイル2ほどの割合でざっと混ぜる。

にんじんは塩もみして、水分を少し抜いたらリンゴをあえて、作っておいたドレッシングとやさしく和える。

そして、仕上げに、サラダにかけるハタ乳酸菌。
 


 
人参とリンゴで抗酸化、 乳酸菌で腸の中から美しく
わたしの細胞若がえれ。
 

これ美味しいよ。と祖母にわけてあげたらば
美味しい美味しい。と、最後はなんとおひやご飯にかけて食べていた。

即席のキャロットりんごのちらし寿司。こちらもとても美味しそう。
わたしは、お弁当の美味しさと彩り要員に。
 


 
パンに挟んでも、お弁当に入れてもはたまたおひやご飯に混ぜてたべても
とっても美味しい甘酒キャロットりんごラペである。

 


 

舞子 maiko

 
からだとこころにとびきりよく効く
おいしいごはんしか食べたくない!
そんな野望にあふれながらも、らくちんなレシピが大好き。
そんな愛あるくいしんぼう
MAIKOSHOKUDOのレシピエッセイです。
季節ごとに気まぐれに、ごはん教室も開催中。
#MAIKOSHOKUDO

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA